新たな歴史の始まり。 自由の酒、クラフトサケ。
1772年、安永年間。わたしたち平井家と醸造の物語は6代目・平井六右衛門によって幕を開けました。
御蔵宿として米の取引をしていた地域の農家を集め、冬の仕事として酒造業を本格化させたのです。
時は流れ1921年、12代によって日詰平井邸が完成。招かれた主賓・原敬も平井家で造られた酒をたいそう楽しみ、
盛岡のご実家へ満足して帰られた、と伝え聞いております。その後、間もなくして盛岡へ移転。
昭和初頭からおよそ100年もの間、時を止めていたかつての造り蔵が遺されていました。
新たな時代を歩む、クラフトサケ醸造所の復活によってその時は再び動き始めました。

【岩手】Re:vive (平六醸造)

4商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
4商品 1-4表示
  • <
  • 1
  • >
4商品 1-4表示
  • < Prev
  • Next >
  • 会員登録
  • 送料無料
  • 綿屋

地域から探す

地域から探す